毎日瀕死〜体力のない主婦がパワフルな兄弟に振り回される毎日〜

5歳と1歳の息子がいる専業主婦。育児や家族のこと、自分の体験談など日常生活のことを中心に書いています。

 

悪阻について【上の子と下の子で差はあるのか!?】まとめてみました。

こんにちは!

今回は、2人出産を終えて体験した悪阻についてまとめてみました!

 

tuwari

 

長男の時は仕事をしていたので、毎日吐き気と戦いながら仕事(事務職)をしていました。午前中はまだ動けるのですが、午後からは本当にもう寒気と吐き気がすさまじく・・・しょっちゅう吐きにトイレへ駈け込んでいたので、お局様から目をつけられ、さぼっていると思われていました。ほとんど仕事にならず周りに迷惑をかけてしまったので、だんだん職場に居辛くなり退職をすることにしました。

 

 

次男の場合

 

以前にも↓の記事でつわりについてまとめたのですが、次男の時は吐き悪阻とよだれ悪阻のダブル攻撃で本当につらく、ただの屍と化していました。

 

www.demi0608dayo.com

 

 

www.demi0608dayo.com

 

お風呂がだめ

長男、次男の時と共通してダメだったのが上記のイラストの通り、お風呂と白米のにおいでした。お風呂に入ると必ず吐くので(そうじゃなくても絶えず吐いていますが)、入浴するのが億劫でした。吐いてばかりいるのでだんだん体力がなくなってきて、夜になると動きたくなくなるんです。

 

吐いてもつらい

 

吐く前も吐いた後もつらい・・・!!

吐く前は船酔いみたいな状態でずっと気持ち悪いし、吐いた後も胃液などで喉がやられてしまって痛むし、寒くてたまらなくなるしでずっと地獄が続きます。

 

悪阻に差はあるのか!?

よく聞くのが、上の子は悪阻があったけど下の子はなかったというものです。私はこの言葉を信じていたかったのですが、残念ながら次男の時も吐き悪阻、よだれ悪阻と最悪でした。期間が長男の時よりも短かったのが幸いでしたが、水すら受け付けなくなったので次男の時の方が悪阻が重かったと言えます。自分の体質なども関係しているのでしょうか・・・一説ではホルモンバランスの影響で自律神経が崩れて胃腸の機能低下、頭痛といった悪阻特有の症状が出るそうなのですが、ただでさえ乱れやすい自立神経。妊娠をしたことで身体が変化し、精神的にもストレスがかかります。実に8割の妊婦さんが悪阻を経験するということからも、妊娠をしたことによる身体の変化、ストレスがどれほどのものか想像できます。

 

家事

次男の悪阻中、洗濯以外の家事が全くできなかったので、夫が代わりに料理や長男のお風呂、寝かしつけなどを担当してくれました。私一人ではどうしようもなかったので本当に助かりました。

二度の悪阻、どちらもつらいことに変わりはありません。そのつらい状況を出来る限りサポートしてもらえる環境が必要だと思います。実際、私は悪阻中、家族にいろいろ支えてもらって乗り越えることが出来ました。綺麗事かもしれませんが、周りの人が妊婦さんをサポートしてあげられる環境が整い、赤ちゃんが安心して産まれて来ることが出来ますように・・・!

 

 

 

 

 

Privacy policy
   
お問い合わせ