毎日瀕死〜体力のない主婦がパワフルな兄弟に振り回される毎日〜

5歳と1歳の息子がいる専業主婦。育児や家族のこと、自分の体験談など日常生活のことを中心に書いています。

 

産後の体調の変化【あんなに元気だったのに不調おばさんになる】

こんにちは!demiです。

相変わらず花粉がきついです。ついに4歳の長男が花粉症になりました。

可哀想に・・・先は長いぞ・・・。

さて、今回は前回お知らせした通り、産後の体調の変化について書きたいと思います。

 

元気が取り柄だったのに・・・

1人目を出産するまでは、体力があって妊娠中もウォーキングばかりしていた私ですが、出産後は悲惨でした。悪露が長引いたのと、出産による脱肛で瀕死・・・。1ヵ月はまったく動けませんでした。動けるようになってからも寝不足からの体調不良と慣れない育児にイライラしっぱなしで、夫に八つ当たりをしてばかりいました。そのせいで夫が家に帰って来ないことも・・・。出産を終えたら人が変わったように攻撃的な性格になりました。

 

f:id:demi0608dayo:20190306095738j:plain

 

母乳とミルク…母乳の方が身体が疲れる

これは自分の栄養を赤ちゃんに与えているので、当たり前なのですが、母乳の方が身体へのダメージは大きいですね。

現在次男を完ミで育てている私ですが、母乳育児と比べるとミルクは格段に楽だと感じます。(個人の感想です)何より乳を出さなくていいですもの!冬なんて寒さに耐えながら授乳していたなと懐かしんでおります。乳首を噛まれたり、乳腺炎になって高熱に苦しんだ日々、しこりが出来て治らないと不安に思う毎日、だんだん子供が重くなって抱っこする手が腱鞘炎になったりもしました。また胸が詰まったら嫌だな、乳首を噛まれたら痛いし嫌だな、薬を飲みたくても飲めない、睡眠が取れない・・・それでも愛しい我が子の為に頑張るわけです。子供の免疫力向上のため、長男の時は完母で頑張ったな・・・でもこれは、数年経った今だから苦しい記憶も多少美化されて懐かしむことが出来るのですが、当時の私はいっぱいいっぱいで精神的にも追い込まれ、つらかった記憶しかないです。母乳とミルク、どちらが大変なのかは人によってだと思いますが、私はミルクの方がお金がかかる以外は楽だと思っています。

 

 

 

その後も不調は続く

断乳してからも体調不良は変わらず、身体が弱くなったと感じることが多くなりました。30を過ぎて、加齢のせいもあるのだと思いますが、明らかに肌のハリ・ツヤが失われ、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、顔や身体のあちこちがかゆくなったり、白髪が格段に増えました。

 

産後の身体

次男出産後

次男妊娠中の悪阻で、何キロか痩せて栄養失調になったのが原因だと思いますが、また老けました笑。シワシワでいつも疲れてるの?って聞かれるようになりました。1人目の時、何とか戻った体型も2人目出産後はずっと入院していたせいか筋肉がなくなって、おしりが完全に垂れてしまいました( ;∀;)悲しい・・・ひたすら悲しいです・・・。もう少し次男が大きくなって睡眠時間が取れるようになったら運動を頑張りたいと思います。

 

これが私

これは大袈裟ですが笑、久しぶりにしっかり鏡を見たらこんな衝撃を受けました・・・。

最後に

2人の出産を終えて、「今日は絶好調!」という日がまったくなくなりました。若い内に子供を産んだ方が良いというのが身に沁みますね・・・(無理だけど)

助産師さんから聞いたのですが、産後の子宮は1年をかけてだんだん回復していくそうです。1年間は体力回復に努め、バランスの取れた食事、適度な運動をおすすめしますと病院で頂いた資料にも記載されていました。

・・・赤ちゃんを育てながら、1人でバランスの取れた食事、適度な運動はできないです!!時間があったら寝たいんです!ご飯を作るのだって時短で済ませたいんです!!運動する気力がないんです!!余裕がない!!

少し取り乱してしまいましたが、家族にフォローしてもらうか、食事は宅配サービスを使うのがおすすめです。私の場合は、実家で過ごしたり、宅配サービスを活用しています。楽して良いと思っています。使えるものは何としても使って、ご自分の体力回復に専念してくださいね。

 

日本生協連から引用

www.coop-takuhai.jp

 

 

Privacy policy
   
お問い合わせ