毎日瀕死〜体力のない主婦がパワフルな兄弟に振り回される毎日〜

5歳と1歳の息子がいる専業主婦。育児や家族のこと、自分の体験談など日常生活のことを中心に書いています。

 

産後編⑤【母乳が出ない!?搾乳中の悲劇・・・ミルクのメリット】

こんにちは!demiです。

今日から3月ですね!花粉症で目と鼻水がやばいです。眼球を取り出して洗いたい・・・。

さて、今回も産後のお話を進めていこうと思います。

 

前回までの記事はこちら

 

www.demi0608dayo.com

 

搾乳量が徐々に減っていく・・・

産後順調に増えていった搾乳量ですが、産後4ヵ月くらい経った頃、風邪を引いてしまいました。そんなにひどい風邪ではなかったのですが、それをきっかけに搾乳量がどんどん減っていきました。

風邪

これだけ

水分を取っているのに、何故出ないんだろうと悔しく思いながらも必死に搾乳しましたが、量はあまり出ませんでした。ネットで調べてみると、3時間ごとに搾乳していても、疲れや身体の不調で減っていくそうです。次男のミルク量はどんどん増えているのに、肝心の母乳が出ないなんてどうしよう・・・焦る気持ちでいっぱいでした。

 

母乳が出ない

 

先生からありがたい言葉をいただく

風邪がようやく治り、(風邪が治っても搾乳量は回復しなかった)NICUにようやく行くことが出来ました。私が行けない間は夫に届けてもらいましたが、母乳が間に合わず、ミルクで対応をしてくれていました。

ミルクでも良い

風邪を引いて搾乳量が減っていることを先生に告げると、こんな言葉をいただきました。”今のミルクは優秀なので、母乳が出なくなっても赤ちゃんは大丈夫”

 その言葉で気持ちがスッと軽くなりました。母乳が出なくてもミルクがあるから大丈夫!こんなに頼もしい言葉をいただけるとは!自分の中で、未熟児は母乳でないといけないという考えがあったので、搾乳量が減っていく自分が許せなかったのですが、先生の言葉で、ミルクでも大丈夫だったら無理に母乳を挙げる必要はないなと、すんなり受け入れることが出来ました。NICUで他の入院している赤ちゃんに直母で母乳をあげているお母さんたちがうらやましかったのですが、出ないものは仕方がないと気持ちを切り替えることにしました。

 

また体調を崩す

それからすぐ、また風邪を引いて(1回目も2回目も長男から感染しました・・・とほほ・・・)搾乳量が10㏄も出なくなってしまいました。いくら水を飲んでも、搾っても出ない・・・こうして電動搾乳機は購入して4ヵ月で使用しなくなりました。

 

 

ミルクのメリット・デメリット

こうして、完全にミルクに頼ることになったのですが、私が感じたミルクのメリットを挙げてみることにします。

★メリット★

・どのくらい飲んでいるかがわかる

・誰でもミルクを飲ませることが出来る

・乳腺炎やしこりの心配がない

・食事、飲酒制限がない

 

☆デメリット☆

・頻回授乳できない

・母乳よりも便秘になりやすい

・移動時、荷物が多くなる

 

上の子の時は完母だったのですが、正直大変でした・・・。乳腺炎になるわ、しこりは出来るわ、老けるわで、精神的につらい時期でした。産後の抜け毛や腱鞘炎が特にひどかったです。そのせいもあって、現在完ミですが、とても楽になったと感じました。母乳が出るものなら母乳にしたかったのですが、出ないものは出ない!そう割り切っていくことも必要だと思います。

次回は母乳育児・ミルク育児の産後の体調変化について書いてみたいと思います。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Privacy policy
   
お問い合わせ