毎日瀕死〜体力のない主婦がパワフルな兄弟に振り回される毎日〜

5歳と1歳の息子がいる専業主婦。育児や家族のこと、自分の体験談など日常生活のことを中心に書いています。

 

口の中から石!?唾石症になった話

こんにちは!demi です。

 

今回はタイトルにもある通り「唾石症」についてお話ししたいと思います。

それで・・・書いてみて思ったのですが、ちょっとドン引きするようなことが書いてあるので、もしかしたら不快に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご承知おきください。

 

唾石症とは

胆石や尿道結石と同じように唾液腺に石が出来るのですが、この石のせいで唾液腺が圧迫され、唾液腺が腫れたり、唾を飲み込む時に顎の下痛んだりします。

 私の場合は下記の場所にありましたが、常に気になって仕方ありませんでした。

f:id:demi0608dayo:20181116091130j:plain

いつから唾石があったのか

物心ついた頃から口の中、ちょうど舌でさわれる部分にころころしたものがあるなと感じていました。しかし幼い私は、このころころしたものは他の人みんなにあるものだと思っていたので、特に何も思わずそのままにしていました。

 

f:id:demi0608dayo:20181116091422j:plain

食事中痛むようになる

小学生になったある日、家でみかんを食べたところ、突然顎の下にピキーンという痛みが走りました。親に言って病院に連れて行ってもらうと、扁桃腺が腫れ、唾石症が発覚しました。

f:id:demi0608dayo:20181116091517j:plain

病院では手術を勧められました。口腔内なので、局所麻酔で簡単に取れると言われたのですが、拒否しました。その半年ほど前に違う原因で手術をしており、それが本当に恐ろしくてトラウマになってしまったのです。手術しても再発する可能性があり、両親も手術を強制しなかったので、唾石はそのままになりました。(この時に取っておけばよかったのにと後に強く後悔しました。)

 

 

唾石との共存

唾石を放置することにした結果、やはり食事中に痛むことが多く、顎の下が腫れました。その腫れている顎の下を押して、唾液を流すと腫れが引くので、食事の後はいつも顎の下を押していました。そのうち、この作業がだんだん当たり前になって、痛んでも「ああ、またか。」と思えるほど、唾石は自分の一部になっていきました。

それでも口の中にある石が常に気になって舌でさわってしまうし、食事中突然襲ってくるピキーンとした痛みは本当に嫌なものです。舌でさわっている内に、ころんと取れないものかと強くさわってみましたが、口腔内に埋まっているので取れるわけもなく、月日だけが過ぎていきました。

 

突然思い立ち、自力で取ろうとする

結婚してから数年経ったある日、突然ふと唾石を取ろうと思いつきました。口腔内は怪我をしても治りが早い。自分で取り出しても問題ないのではなかろうか・・・?思い立ったらすぐ行動に移すのが私です。手芸用の針を消毒して、口を開け、唾石に向かって思い切り突き刺しました。

「痛---------いっっっっ!!!!!!!!」

 

ええ、とても痛かったです。針で突き刺すのってこんなに痛いんですね。

しかし、その痛みにもめげないのが私です。少しずつ小さな痛みを加えて何とか切開出来ないものかと鏡を見ながら針でツンツンしました。アホ面丸出しです。

しかし、唾石は思ったよりも深い位置にあるようでなかなか上手くいかず、痛みがだんだん強くなるだけでした。1時間、2時間経っても取れず、この日は仕方なくあきらめました。

 

f:id:demi0608dayo:20181116092001j:plain

ついに唾石が取れた!!!

その日から暇さえあれば、唾石を取り出す作業をしました。口の中はとんでもなく痛かったのですが、どうせ痛いんだから痛いうちに取ってしまおうと思ったのです。危ないですので、絶対真似しないでくださいね!)

だんだん唾石が動くようになり、あれ?これひょっとして唾石取れるんじゃないかと思った瞬間・・・

 

ころん

 

唾石が・・・唾石が・・・取れた・・・・!!!!

 

 

埋まっていた唾石がついに取れました!!!!

なんて晴れやかな気分!痛みも減り、今まで唾液が通るのを邪魔していた唾石がなくなったことで、大量の唾液が口腔内に押し寄せました。

取れた唾石は1センチくらいの大きさで、固い、まさに石そのものでした。唾石はこれだけでなく、しばらくすると細かい石が唾液腺からたくさん出てきました。全部で8個くらいかな。こんなにたくさんの唾石が唾液腺を圧迫していたと思うと驚きです!

傷もあっという間に治り、今は唾石があった箇所に小さな穴が開いています。念のため病院に行ってレントゲンを撮りましたが、唾石はなく、小さな穴も問題ないとのことで、よかったです。何より食事するときに顎の下が痛まないですし、子供の頃からずっと気になっていた唾石を舌でさわらないという生活は想像以上に素晴らしかったです!

f:id:demi0608dayo:20181116092148j:plain

 

私は口腔内で唾石が取り出しやすい位置にあったのでラッキーでしたが、唾石の位置によっては全身麻酔で手術をして取り出さないといけない場合もあります。食事中に顎の下が痛む、顎下腺が腫れるという方は一度、病院に行っても良いかと思います。くれぐれも私のように自力で口腔内をいじらないこと!口腔内は神経がたくさん通っているので、自分ではぜったいにさわらないで下さいね!私は思い立って、自力で取ってしまいましたが、とても痛かったです。病院で局所麻酔で取った方が何倍も良かったと後になって思いましたね・・・。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

Privacy policy
   
お問い合わせ