毎日瀕死〜体力のない主婦がパワフルな兄弟に振り回される毎日〜

5歳と1歳の息子がいる専業主婦。育児や家族のこと、自分の体験談など日常生活のことを中心に書いています。

 

痛いのか!?子宮卵管造影検査を受けてきた話

こんにちは!

 

今回はタイトル通り「子宮卵管造影検査」を受けてきた体験談を記したいと

思っています。

第一子を出産してから3年経ち、そろそろもう一人欲しいなと思っていた矢先、

生理不順になりまして・・・。

産婦人科にしばらく通ったのですが、その際に子宮卵管造影検査をしましょうと言われたことがきっかけで検査を行うことになりました。

 

 

子宮卵管造影検査って何?

 

 

子宮や卵管がどんな形状をしているのか、造影剤を注入して状態を見る検査のことです。子宮の入り口にバルーンを入れて造影剤を流すのですが、卵管が詰まっている場合は激痛らしく、検索すると、痛い!というワードがたくさん出てきます。

しかし、この検査を行うと卵管の詰まりが取れて、半年間は妊娠する確率が上がるようで、

私も実際この検査の翌月、見事に妊娠しました!

 

 

 

検査を受けてみた感想

 

 

痛いと言えば痛い…痛くないと言ったら痛くない(どっちやねん!)

生理痛のズーンとしたような鈍い痛さです。

腰の辺りがだんだん重くなっていくような・・・そんな感覚でした。

幸い私は卵管の詰まりがなかったので、

それほど痛みも感じず、あっという間に(おそらく5分ほど)検査が終了しました。

ただ、検査終了後から下腹部痛が出て、吐くまでは行きませんでしたが、気持ち悪くなったので、検査終了後の副作用の方が私はつらかったです。

 

f:id:検査を受けている私

検査で発覚したこと

 

 

この検査で、私は子宮奇形が発覚しました。

「弓状子宮」と言われる子宮の形で、子宮奇形の中では最も頻度が高い形です。

f:id:demi0608dayo:子宮の形

弓状子宮だからと言って、不妊や流産のリスクが高まるわけではなく、

一般的な子宮の人とほぼ変わらないが、早産になりやすいと先生から説明されました。

今までそんなことを言われたことがないですし、長男も40週と6日で生まれたので

診断にとても驚きました。

f:id:先生から説明される様子

まさか自分が子宮奇形だとは思っていなかったのでとても驚きましたが、自分の身体のことを知ることが出来たので、卵管造影を受けて本当に良かったと思っています。

 

これから検査を受けられる皆さん!痛みは個人差がありますが、怖くないです!リラックスできるように、ハンカチにお気に入りの香りをかけても良いかもしれません。私の経験が皆さんの参考になれば嬉しいです。

 


絵日記ランキング

 

 

 

Privacy policy
   
お問い合わせ